リピトールの通販

リピトールは安全に購入出来ます

リピトールは個人輸入が便利です

リピトールは、病院で医師に診断をしてもらい、高脂血症(高コレステロール血症)として診断された方が、高脂質症治療薬として処方される医薬品です。

他には、家族性高コレステロール血症などの治療にも役立てられています。

一般的に病院で医師から処方箋が出されて購入することが多いかもしれませんが、リピトールは処方箋がなくても手に入れることが可能です。

患者さん本人が服用する場合のみ、個人輸入することが法律で認可されていますので、輸入代行の通販サイトなどで調べてみると扱っています。

個人輸入でリピトールを購入した場合は、使用方法が自己責任となります。

不明な点があったり、心配な要素があれば、医師に相談をしましょう。

個人輸入や通販サイトで買うと、現地の言語で書かれた説明文を、日本語に要約したものが添付されていることもあります。

個人輸入する国によって、現地の方と日本人とは体質の違いがあることもあるため、国内の医師が指導する分量とは異なることも少なくありません。

個人輸入の通販サイトでは、ファイザーのリピトール10mgで4千円台で扱っているところなどがありました。

10mgだけでなく、リピトール20mgや40mg、80mgなどもあるようでした。

日本では、家族性高コレステロール血症の症状が重症な方でも最高40mg、高コレステロール血症で重症な場合は最高20mgまでとされているようですので、80mgは多過ぎるかもしれません。

詳しくは、医師の診断を受けてください。

他の輸入代行通販サイトでは、リピトールのジェネリック医薬品を購入できるところもありました。

さすがにジェネリック医薬品なので、価格がお手頃な印象です。

リピトールのジェネリック医薬品とひと言で言っても、扱っている国によって価格や入っている錠数、パッケージデザインに違いがあります。

インドで発送されるものや、香港を経由するものなど複数の種類がありましたので、輸入代行通販サイトの説明文によく目を通し、納得した上で信頼できるところを選ぶことが大切です。

【↓リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認↓】


【↓リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認↓】

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ