リピトールの通販

リピトールは安全に購入出来ます

リピトールとリポバスの違いについて

高脂血症の治療薬に関するお話なのですが、リピトールやリポバスなど、血中コレステロールを低下させる作用のあるお薬を処方されるようですね。

高脂血症は生活習慣病の一つで、心筋梗塞や狭心症など、極めて危険度の高い病を誘発してしまう病気です。

リピトールやリポバスのようなコレステロール低下薬は、肝臓のコレステロール合成を阻害し、血中コレステロールを下げる効果があり、悪玉コレステロールを減少させつつ、善玉コレステロールを増加させるという特徴があります。

これらのお薬はスタチン系と呼ばれ、高コレステロール血症や高脂血症の治療に、大変よく使われていますが、注意点も幾つかあり、副作用の中には命の危険も伴う物があるので服用は慎重に行なわれるべきです。

スタチン系の薬は全般的にフィブラート系の抗高脂血症薬と相性が悪く、両者共に高脂血症の治療に用いられる薬ですので注意して下さい。

スタチン系とフィブラート系の薬を併用した場合、横紋筋融解症という筋肉の副作用が起こる可能性が高くなります。

この横紋筋融解症という病気は筋肉の横紋筋細胞が溶け、筋細胞内の成分が血中に流出してしまうといった病気で、重度の場合には腎不全や臓器機能不全などを起す死の危険を伴う副作用です。

どちらも非常にポピュラーな高脂血症治療薬で、知らずに併用してしまう可能性があるので服用の際には成分名などをしっかりと確認し、医師の判断に基いた使用を行なって下さい。

また、スタチン系もフィブラート系も非常に良く似た成分名のお薬が多く、名称の最後に「スタチン(アトルバスタチン、シンバスタチンなど)」や「フィブラート(フェノフィブラート、クリノフィブラートなど)」とあるので、これから判別すると取り違えやヒヤリハットの可能性も減少します。

高脂血症はとても身近な病です。

こういった薬を服用する可能性は非常に高く、決して他人事ではありませんので、今後の為にも薬に関しての知識はしっかりと記憶しておきましょう。

【↓リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認↓】


【↓リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認↓】

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ