リピトールの通販

リピトールは安全に購入出来ます

リピトールの飲み合わせの注意事項

高コレステロール血症の治療に用いられる事で良く知られている「リピトール」。

この薬は、アトルバスタチンを主成分とし、心筋梗塞や狭心症、高血圧や糖尿病といった症状に極めて有用なスタチン系コレステロール低下薬です。

リピトールを服用する事で心筋梗塞や狭心症を予防する効果が期待でき、動脈硬化が改善されます。

リピトールは、肝臓のコレステロール合成を抑制する働きがあり、悪玉コレステロールを減少させつつ、善玉コレステロールを増加させるとされています。

この系統のコレステロール低下薬は、極めてコレステロール低下作用が強く、確実な効果を発揮する事で知られており、高コレステロール血症の治療に広く用いられています。

同系の中でも特に強い効果作用を持つリピトールは、コレステロールの他にも中性脂肪を低下させる効果も期待できるそうです。

ただし、副作用にも幾つか危険度の高い物があり、低確率ではありますが注意が必要です。

副作用の中で特に注意が必要で重い物で、食べ合わせ/飲み合わせに原因を持つ物があります。

他の薬と飲み合わせをしてしまった際、横紋筋融解症という筋肉への副作用が発症してしまう危険性があります。

例えば、他の高脂血症の薬や免疫抑制薬のシクロスポリン、抗真菌薬のイトラコナゾール、抗生物質のエリスロマイシンなどを併用した際には十分に注意が必要であり、もし仮に筋肉への異常が感じられた場合には直ぐに服用を中止し、医師の診断を仰ぐ事をお薦めします。

また、腎臓が悪い方は、フィブラート系の抗高脂血症薬との併用が原則的に禁止されています。

以下、注意が必要な飲み合わせです。

フィブラート系の抗高脂血症薬(ベザトールSR等)
ニコチン酸(ペリシット、コレキサミン等)
免疫抑制薬(シクロスポリン等)
アゾール系抗真菌薬(イトリゾール等)
エリスロマイシン(エリスロシン等) クラリスロマイシン(クラリス、クラリシッド等)
リファンピシン(リファジン)
陰イオン交換樹脂(クエストラン、コレバイン等)
ジゴキシン

また、多量のアルコールを摂取した場合には、肝臓や横紋筋融解症の副作用が発症し易くなる傾向が見られます。

更に、グレープフルーツ・及びグレープフルーツジュースなど、グレープフルーツの成分が含まれる食品・飲料の摂取は控えて下さい。

グレープフルーツには、この薬の血中濃度を著しく上昇させてしまう可能性のある成分が含まれており、過剰に効果が出過ぎてしまう危険性があります。

【↓リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認↓】


【↓リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認↓】

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ