リピトールの通販

リピトールは安全に購入出来ます

リピトールとメバロチンの違いとは

「高コレステロール血症」と「高脂血症」。

しばしば混同されがちなこの二つの病は、それぞれ別の病ですので注意が必要です。

別の病と上記していますが、厳密には別の病というより細分化された際の名称になると言った方が適切でしょうか。

高コレステロール血症とは、高脂血症のタイプの一つであり、高脂血症の「脂」という漢字が意味している物は大別して「中性脂肪」と「コレステロール」に分けられます。

血中コレステロールの値が多過ぎる高脂血症の場合、高コレステロール血症と診断され、血中中性脂肪過多の高脂血症は高中性脂肪血症と診断されます。

高コレステロール血症にも細分化されたタイプが様々あり、病名というのは非常に複雑にタイプで分けられているという事がお解かりになったでしょうか?

さて、この「高コレステロール血症」と「高脂血症」ですが、タイプが違うという事はお解かり頂けたかと思います。

そして、タイプが異なれば、適応する治療法や処方される薬も変化してきます。

高コレステロール血症だと診断された際、「リピトール」というコレステロール低下薬を処方される場合があります。

リピトールはスタチン系のコレステロール低下薬で、肝臓でのコレステロール合成を抑制する働きがあります。

対して、高脂血症と診断された際には「メバロチン」というスタチン系コレステロール低下薬が処方される場合があります。

リピトールと殆ど変わらない効果を持つこのメバロチンですが、適応症が異なります。

リピトールと同じく肝臓のコレステロール合成を抑制する効果がありますが、メバロチンの場合はそれに加えて血中脂質動態を改善する働きもあります。

リピトールは非常に強力な薬で効き目も強いのですが、副作用がメバロチンに比べて多く、対してメバロチンは効果の効き目が穏やかに現れ、長期間の服用に伴う安全性が確率されているというメリットも持っています。

上記した症例は飽くまで「そういった状況も有り得る」という事で、必ずしもこの薬が選択されるという訳ではありません。

何れにせよ、薬には僅かな効果の違いで適応症が異なったり、服用する方が持つ持病や副作用による危険性などを考慮した処方が行なわれますので、僅かな症状の違いによって病名も変化し、処方される薬も異なってくるという事を覚えておいて下さい。

【↓リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認↓】


【↓リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認↓】

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ