リピトールの通販

リピトールは安全に購入出来ます

リピトールとリバロの違いとは

スタチン系製薬の紹介と解説。

この種類のお薬は、成分名称の最後に「スタチン」と付けられている事からそう呼ばれるようになった高脂血症治療薬です。

基本的にスタチン系のお薬は高脂血症の治療や動脈硬化の予防・改善に用いられ、広く利用されています。

以下は、その種類と特徴になります。

リピトール:主成分をアトルバスタチンとするスタチン系コレステロール低下薬。

リポバス:主成分をシンバスタチンとするスタチン系コレステロール低下薬。

セルタ:主成分をセリバスタチンとするスタチン系コレステロール低下薬。

リバロ:主成分をピタバスタチンとするスタチン系コレステロール低下薬。

メバロチン:主成分をプラバスタチンとするスタチン系コレステロール低下薬。

ローコール:主成分をフルバスタチンとするスタチン系コレステロール低下薬。

クレストール:主成分をロスバスタチンとするスタチン系コレステロール低下薬。

メバコール:主成分をロバスタチンとするスタチン系コレステロール低下薬。

この他、製品化されていない、一番最初に発見されたスタチン系の成分にメバスタチンがあり、何れもHMG-CoA還元酵素の働きを阻害する事によって血中コレステロールを低下させる作用のある薬です。

メバスタチンを最初に発見したのは日本人であり、その後様々な種類のスタチンが開発され、現在では世界中で高コレステロール血症の治療薬として使用されています。

その他、動脈硬化の改善や狭心症、心筋梗塞などの予防薬として用いられる事もあり、高脂血症を患う方にとっては非常に身近なお薬であると言えます。

同系の中でも特に強力な作用を持つ物として、リピトールやリバロが上げられ、処方されているという方も多いのではないでしょうか?

このスタチン系コレステロール低下薬は、血中中性脂肪も低下させるといった特徴があり、HMG-CoA還元酵素阻害薬とも呼ばれています。

生活習慣病の中には、このスタチン系の薬が処方される場面が多々あり、何れは皆さんもお世話になるかも知れないお薬ですので、それぞれの薬についてもっと詳しく知っておく方が良いかも知れません。

【↓リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認↓】


【↓リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認↓】

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ