リピトールの通販

リピトールは安全に購入出来ます

リピトールとリピディルの違いについて

高脂血症という病についてですが、これは血液中のコレステロールや中性脂肪が多すぎる状態を言い、悪化した場合には狭心症や心筋梗塞など、命の危険が伴う病の原因ともなり兼ねない病気です。

少々古いデータではあるのですが、2005年の段階で厚生労働省が行なった調査によると、有病者数3100万人、予備軍が2000万人と推計されている病気です。

これを読んでおられる方の中にも有病者である方や、予備軍の可能性が疑われる方も多いのではないでしょうか?

そういった方に注意して頂きたい薬の飲み合わせに関するお話がありますので覚えておいて下さい。

高脂血症と判断された際、処方される可能性が極めて高いのがスタチン系コレステロール低下薬とフィブラート系抗高脂血症薬です。

どちらか一方であれば全く問題が無いのですが、何かの理由で病院が変わってしまったという場合や、手元に両方の薬があった場合など、併用してしまうと非常に危険な副作用が起こる可能性があります。

横紋筋融解症という筋肉の病気なのですが、これは横紋筋細胞が融解し、筋細胞内の成分が血中に流出してしまう症状で、重症の場合には腎機能が著しく低下してしまい、腎不全など臓器機能不全を併発して最悪の場合には死に至る危険性も孕む病気です。

この副作用は、スタチン系のコレステロール低下薬とフィブラート系の抗高脂血症薬を併用する事で副作用として発症してしまう危険性が高まり、注意が必要です。

スタチン系の薬ではリピトールやリバロなどが有名で、フィブラート系ではリピディルなどが広く利用されています。

高脂血症と診断され、二種類以上の治療薬を処方されていたり、他の病院で別の薬を処方されていた場合などにはその主成分(一般名)の名称を注意深く確認するようにして下さい。

見分け方としては、スタチン系の場合「アトルバスタチン」や「ピタバスタチン」といった具合に、名称の最後に“スタチン”と付くので、その点を確認して下さい。

対して、フィブラート系ではスタチンと同様に「フェノフィブラート」や「クロフィブラート」といった具合で、名称の最後に“フィブラート”と付いていますのでそこを確認して下さい。

高脂血症に使用される治療薬は数が多く、幾つもの薬が処方される可能性がありますので、病院などを変えた場合には、誤って二つ以上の併用が禁止されている薬を一緒に服用しないよう細心の注意を払って下さい。

特に、リピトールとリピディルは名前が似ているという事もあり、取り違えやヒヤリハットの可能性もありますので十分に注意して下さいね。

【↓リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認↓】


【↓リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認↓】

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ