リピトールの通販

リピトールは安全に購入出来ます

リピトールの禁忌について

リピトールの禁忌には、どのようなものがあげられるでしょう。

リピトールの成分であるアトルバスタチンに対し、過敏症の既往歴がある方は、禁忌とされています。

妊娠中の方や、妊娠しているかもしれないという女性もしくは授乳婦の方も禁忌なので、病院で診察を受けるときには医師に伝え、服用しても差し支えない治療薬を選んでもらうようにしてください。

肝代謝能が低くなっているような方には、リピトールは禁忌とされています。

例えば、肝がん、肝硬変、慢性肝炎の急性憎悪、急性肝炎、黄疸などの患者さんです。

リピトールは、肝臓で主な効き目を発揮して代謝されるという特徴を持っており、服用することによって肝障害をさらに悪くする可能性が考えられます。

実施された臨床試験において、肝硬変と診断された患者さんは健常者の方と比較し、リピトールの血漿中HMG-CoA還元酵素阻害活性体濃度が高くなったという報告がなされています。

AUCが、4.4倍~9.8倍になったということです。

医薬品の禁忌については、処方する医師の診察によりますから、詳しいことは直接質問したり、説明を受けてみてください。

特に注意すべき方が摂取してしまうと、治療するどころか悪化させる可能性が出てきますし、副作用が発症することも考えられます。

これら妊婦さんや肝臓病などの方以外には、年齢が高い方、お酒の摂取量が多い方、筋ジストロフィー、甲状腺機能低下症、腎臓病などの患者さんです。

どんな症状の診察を受けるときにも共通して言えることですが、現在服用している薬がある場合は、医師に伝えておくことが重要です。

他の薬と処方されたリピトールとの飲み合わせによっては、副作用が生じることもあるためです。

他の病気の治療で、異なる病院に通院されている方は、リピトールを新たに処方され摂取し始めたということを、そちらの医師にも伝えることが重要です。

本来発症しなくてもすんだ病気を抱え込むことがないよう、多少面倒でも医師に伝えるようにしましょう。

【↓リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認↓】


【↓リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認↓】

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ