リピトールの通販

リピトールは安全に購入出来ます

リピトールの半減期について

スタチン系コレステロール低下薬の「リピトール」と、その半減期についてです。

まず、リピトールについてですが、これはアトルバスタチンを主成分とするコレステロール低下薬で、主に高コレステロール血症の治療に用いられる薬です。

心筋梗塞、狭心症、高血圧、糖尿病などの治療・予防に効果を発揮し、動脈硬化の予防・改善に有効です。

この系統の薬には名称の最後に「スタチン」と付く場合が多い事から、同系統の薬を「スタチン系」と呼びます。

リピトールはスタチン系の中でも特に治療効果が高いとされており、肝臓のコレステロール合成を抑制する働きがあります。

半減期が非常に長いという特徴もあり、一日一度の服用で十分に効果が期待できます。

半減期は凡そ10時間ほどで、食後一時間以内に服用して下さい。

さて、ここからが重要なのですが、リピトールの服用を夕食後に行なった方が良く効くという噂があります。

ですが、これは“間違い”です。

リピトールの主成分であるアトルバスタチンや、同系統のロスバスタチンは半減期までに要する時間が極めて長く、臨床結果では一日のどのタイミングで服用を行なっても効果に変化は無いと立証されています。

実際の症例を元にした場合、朝食後に服用した際と夕食後に服用した際の血中コレステロール値には変化が見られませんでした。

つまり、一日のどのタイミングで服用しても効果に変化は無いという回等に至る訳です。

では、何故夕食後に服用した方が良いという噂が広がったのか、その理由についても述べておきましょう。

アトルバスタチン(リピトール)とロスバスタチン以外のスタチン系コレステロール低下薬が夕食後に服用する事で高い効果を発揮する為です。

同じスタチン系の薬なのですが、プラバスタチン、シンバスタチン、フルバスタチン、ピタバスタチンは夕食後に服用するよう注意書きが添えられており、これはコレステロール合成を行なう肝臓の働きが深夜から午前二時の間に最も活発化する為です。

肝臓のコレステロール合成を抑制する薬ですので、夕食後に服用する事が望ましいという結論に達するのです。

同系統の薬でも効果には個人差や生活習慣などが影響しますから、必ずしもこうである、という結論を出すのは難しいのですが、一般的に見た場合にはこうなる、という事で理解して下さい。

【↓リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認↓】


【↓リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認↓】

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ