リピトールの通販

リピトールは安全に購入出来ます

リピトールとグレープフルーツの飲み合わせ

リピトールを処方されたら、グレープフルーツジュースは飲み合わせるとよくありません。

リピトールを摂取している方がグレープフルーツジュースを飲むと、リピトール内の血中濃度が高くなってしまう危険性があるためです。

リピトールは、高脂血症の治療に役立てられている医薬品です。

家族性高コレステロール血症や高コレステロール血症に効果があります。

リピトールは生体内に入ることで、コレステロール合成を抑制する効果があり、血液内からLDLコレステロールの取り込みを促してくれるのです。

リピトールとグレープフルーツジュースの摂取による副作用として、横紋筋融解症の有害反応の可能性が考えられます。

ある一例として、横紋筋融解症を発症するまでの2カ月間、グレープフルーツジュースを毎日2杯~3杯摂取して、その同じ期間内にリピトールを服用しました。

リピトールの分量は、最初は10mgという少ない量からスタートし、徐々に増加して、最終的には60mgも摂取していたということです。

こうしたことはら、グレープフルーツジュースとリピトールとの飲み合わせは禁じられています。

グレープフルーツジュースを避けた方がいい治療薬は、複数あるようですね。

コレステロールというのは、臨床的には大きく2通りに区分されています。

善玉のHDLコレステロールと、悪玉のLDLコレステロールの2種類です。

コレステロールを肝臓から全身の組織にまで運搬してくれているのが、悪玉のLDLコレステロールの仕事です。

仕事をしてくいるので、一見たくさんあってもよさそうなのですが、LDLコレステロールが過剰に多くなり過ぎた場合、血管内壁に入ってしまうことから、動脈硬化を進行させるのです。

全身の組織にあるコレステロールの余計な分は、善玉のHDLコレステロールが肝臓まで届けてくれます。

HDLコレステロールが一定量より少なすぎると、健康とはいえません。

高脂血症(脂質異常症)を判断する1つの基準とされています。

【↓リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認↓】


【↓リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認↓】

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ