リピトールの通販

リピトールは安全に購入出来ます

リピトールの服用方法について

高コレステロール血症や狭心症、心筋梗塞の予防などを目的にコレステロール低下薬を服用しているという方はかなり多いかと思われますが、その服用方法については正しい知識をお持ちでしょうか?

医師の処方である場合、リピトールは必ず詳しい説明を受けた上で正しく使用されるべきお薬です。

間違ってもダイエットなどを目的に服用するような事はしないで下さいね。

ダイエット効果は皆無です。

さて、この『リピトール』の服用方法に関してなのですが、リピトールのようなスタチン系コレステロール低下薬は夕食前に服用した方が良いという話しがあります。

ですが、これはリピトールに関して言えば当て嵌まりませんのでご注意を。

他のスタチン系コレステロール低下薬は、確かに夕食後に服用するのが望ましいのですが、リピトールは一日のどの時間に服用しても効果が変わりません。

成人は一日一度10mgの服用で十分に効果が発揮されます。

特に、リピトールは効き目が良く、広く利用されているお薬ですので処方されている方も多いとは思うのですが、この情報に関しては間違いですので何時服用なさっても問題はありませんよ。

ただし、飽くまでも食後1時間以内を原則としますが。

他にも、服用方法として注意が必要なのは、飲み合わせや食べ合わせなどによる副作用ですね。

他の薬との飲み合わせに関しては、フィブラート系の抗高脂血症薬(ベザトールSR等)、ニコチン酸(ペリシット、コレキサミン等)、免疫抑制薬(シクロスポリン等)、アゾール系抗真菌薬(イトリゾール等)、エリスロマイシン(エリスロシン等)、クラリスロマイシン(クラリス、クラリシッド等)、リファンピシン(リファジン)、陰イオン交換樹脂(クエストラン、コレバイン等)、ジゴキシンなどと併用するのは避けて下さい。

特に、腎臓の悪い方は原則としてフィブラート系の抗高脂血症薬との飲み合わせが禁止されています。

加えて、飲酒による多量のアルコールも肝臓機能への影響や横紋筋融解症が発症する危険性が高まりますのでご注意下さい。

それと、これは薬品では無いのですが、グレープフルーツに含まれる一部の成分がリピトールの血中濃度を上げてしまう可能性があるそうです。

身体への負担が大きくなり、副作用が出易くなってしまいますので服用中はグレープフルーツやグレープフルーツジュースなどを飲まないように注意して下さい。

【↓リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認↓】


【↓リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認↓】

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ