リピトールの通販

リピトールは安全に購入出来ます

リピトールとダイエットの関係性とは

血液中のコレステロールを下げる為に処方されるお薬に『リピトール』があるのですが、一部の方が非常に危険な勘違いをされている場合がありますので注意を促しておきます。

リピトールは血液中のコレステロールを減少させる効果を持った薬で、狭心症や心筋梗塞など、命の危険が伴う病の原因となる動脈硬化を予防する働きが期待出来ます。

この説明にもある通り、リピトールは血液中のコレステロールを低下させる作用があり、その点を「ダイエット」に結び付けて考えてしまう方がいるようです。

先に断わっておきますと、“非常に危険”ですから、ダイエットの目的で服用するようなマネは“絶対に止めて”下さい。

メタボリックシンドロームとコレステロールは確かに因果関係の深い物ですが、それがリピトールと直結する事はありません。

判り易く言うなら、リピトールには“ダイエット効果が皆無”です。

リピトールは、本来高コレステロール血症などの治療に用いられる薬で、アトルバスタチンを主成分(一般名)とするスタチン系コレステロール低下薬です。

肝臓でのコレステロール合成を抑制し、悪玉コレステロールを減少させる一方で善玉コレステロールを増加させるといった働きがあり、高脂血症を患う方が服用する事で心筋梗塞のリスクを30%程低下させられるという臨床結果が出ています。

心筋梗塞のリスクが高い方の場合、特に狭心症や心筋梗塞を既に患ってしまっている方や、高血圧、糖尿病があるという方には特に有用性が高い薬とされています。

上記した通り、リピトールは特定の病状に陥っている患者さんに処方される薬です。

もし健康体の方が服用した場合、必要以上にコレステロール値が下がり、くも膜下出血など生命の危険が伴う可能性の高い病を発症してしまう可能性が高くなります。

最近の若い方では、くも膜下出血の原因が低コレステロールである割合が高いそうです。

重度の肥満体の方に処方される減量用の薬は確かに存在しますし、ダイエット効果が極めて高い物も沢山処方されているのは事実なのですが、健康体で少々平均体重より太ってしまっているという程度でそういったダイエット効果の高い医薬品が処方される事はありませんし、またあってはなりません。

健康体であるなら、薬に頼る事を考えず、ダイエットを行なって下さい。

薬を服用するという事は、本来体内には存在しない成分を人為的に取り込む行為ですから、薬の成分に関わらず、服用するだけでも身体に負担をかけてしまいます。

薬の服用が必要な方というのは、そういったリスクを背負ってでも薬の効力を必要とする方ですので、健康体の方が薬を服用するような事は原則として正しい行為とは言えないのです。

ダイエットを志しているという方は、その点にも十分に注意し、ご理解下さい。

【↓リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認↓】


【↓リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認↓】

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ