リピトールの通販

リピトールは安全に購入出来ます

リピトールやクレストールでコレステロール減少効果

医薬品のクレストールとリピトールは、どちらも家族性高コレステロール血症や高コレステロール血症の治療に用いられています。

クレストールもリピトールも共通する効果は、血液内にあるコレステロールを減少させることです。

クレストールとリピトールは、スタチン系と分類されています。

クレストールの使用方法は医師から指示があると思いますが、一般的に成人している患者さんは1日1回2.5mgからロスバスタチンとして摂取し始めます。

早い段階で患者さんのLDL-コレステロール値を低くしなければならない状態のときは、5mgからの摂取でもいいとされています。

クレストールの処方量は、患者さんの状態や年齢などにより、必要に応じて多くするなど調整が行われます。

投与を始めてからや、分量の調整を行われてから、もし4週間経過してもまだLDL-コレステロール値が十分に下がらないときには、クレストールを10mgまで増やすことも可能です。

用量が10mgともなると、最初の2.5mgと比較してかなり増加した印象を受けますが、それでもまだLDL-コレステロール値が下がらなかったり、重症な家庭性高コレステロール血症を患っているケースでは、1日に20mgまで多くできるということです。

摂取量は自己判断することなく、病院で診察を受け、医師に正しい指導をしてもらいましょう。

クレストールの摂取で考えられる副作用に、横紋筋融解症があげられます。

横紋筋融解症とは、障害が筋肉に発症する病気です。

めったに起きない副作用だといわれていますが、念のため年齢が高い方や、腎臓がよくない方は気をつける必要があります。

医薬品の副作用は、他に併用する薬との飲み合わせによって生じることもあります。

クレストールの場合は、高脂血症のフイブラート系治療薬と一緒に服用すると、発症する可能性が出てきます。

症状としては、筋肉痛が足のふくらはぎなどに生じますので、服用期間中にそのような異変が現れたら、医師にすぐ相談しましょう。

【↓リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認↓】


【↓リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認↓】

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ