リピトールの通販

リピトールは安全に購入出来ます

リピトールの添付文書を確認する

リピトールの添付文書には、服用にあたって押さえておかなければならない重要なことが多く書かれています。

かならず内容を把握してから使用したいものです。

まず、リピトールの作用ですが、リピトールは肝臓でのコレステロール合成に関係する酵素の作用を阻害します。

そのことで、コレステロールの生成を抑えるのです。

スタチン系薬剤は肝臓内のコレステロール値を減らし、血中のリポ蛋白を肝臓内へ取り込み、その代謝を促進してくれます。

リポ蛋白はLDLというコレステロールが主成分となっています。

いわゆる、高コレステロール血症の原因ともいえる物質です。

さらにリピトールは、トリグリセライドという、いわゆる血中の中性脂肪を低下させる作用も認められています。

絶対に服用してはいけない方は、本剤に過敏症の既往歴ある方、肝臓の代謝機能が低下し、なんらかの疾患がある方、妊婦またはその可能性のある方です。

また、肝障害・その既往歴ある方、アルコール中毒の方、重篤な腎障害、またその既往歴ある方、フィブラート系薬剤を投与中の方、免疫抑制剤投与中の方、ニコチン酸製剤投与中の方、アゾール系抗真菌剤投与中の方、エリスロマイシン投与中の方は、服用を慎重に検討した方が良いです。医師などに相談を受けましょう。

リピトールを服用する際は、あらかじめ食事療法を行いましょう。

医薬品だけに頼ってコレステロールが下がることを期待するのは、安易で危険です。

さらに運動療法や高血圧・喫煙なども控えるようにしたいものです。

そして服用中は血中脂質の値を定期的に検査して、効果を測ります。

リピトールを用いた治療で、反応が全く認められない時には服用を中止して、医師の診断を受けるようにしてください。

リピトールを服用している期間は、定期的に肝臓の機能検査を受けるようにしてください。

どちらしても、コレステロールが増えないような生活習慣をとり戻すことが先決です。

リピトールでコレステロールや中性脂肪が軽減されても、生活習慣を変えなければまた増加してしまいます。

リピトールの服用は一時的な措置ですから、まずは食生活などを見直すようにしたいものです。

【↓リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認↓】


【↓リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認↓】

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ