リピトール

リピトールのジェネリックについて

リピトールのジェネリック医薬品が発売可能になったのは、つい最近のことです。

リピトールは高コレステロール血症のための医薬品で、ファイザーの超大型商品でした。

世界的にも巨大な売上高を誇っていましたから、その分注目度もとても高い出来事でした。

ただ、リピトールは数々の特許の制約があるようで、ジェネリックをうまく特許に抵触せず製品化できる製薬会社は限られているとのことです。まだ5社ほどしか発売出来ていません。

リピトールは「結晶」や「安定性」に特許があります。製法上の工程に関わるため、リピトールジェネリックを生産する製薬会社ではかなり迂回した製法で作らなければいけないのが現状です。

そもそもジェネリック医薬品とは、先発医薬品、つまり新薬の特許が切れた後に、同じ有効成分を使って製造・販売される医薬品のことです。「後発医薬品」と呼ばれることもあります。

1つの先発医薬品の特許が切れれば、各製薬メーカーから一斉にジェネリック医薬品が製造・販売されることになります。

薬剤師が患者の同意の上で、医師が処方した薬を同じ薬効成分を持つほかの薬に変更できる「代替調整」が普及しているアメリカやイギリスでは、医師が処方する薬のなかでジェネリック医薬品が占める割合は約半数にも達しているといいます。

欧米では、医師が医薬品を一般名で処方すると、薬剤師が後発医薬品を調剤するのです。

新薬の開発には10〜20年の長い歳月と数百億円もの投資が必要といわれています。

このために先発医薬品には、長年の商品開発の対価として、20〜25年は専売特許が与えられます。

類似品が作られないよう法律で保護されているのです。

ジェネリック医薬品の場合、既に先発医薬品で有効性や安全性が臨床試験などで確かめられているますから、開発に要する期間は短く、研究開発費用も少なくて済みます。

さらに、薬としての承認の手続きも先発医薬品に比べて簡素化されているので、その分、価格を安くすることができる点がメリットなのです。

>>リピトールの正規品を安全に購入するにはこちらを確認<<

>>リピトールのジェネリックを安全に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。